たくさんの人に頼られて、
関わるすべての人を笑顔にする。
そんな存在になりたくて。

人事労務
中常 歩 Ayumi Nakatsune
商学部 商学科 2008年入社

社員たちの人柄も、
国内トップクラスだと思う。

就職活動では、学生時代に学んだ商業系の知識が活かせる一般事務職を志望していました。また、人との繋がりを大切にしたいと考えていたので、知識やスキルを身につけ、将来はたくさんの人から頼られる存在になりたいと思っていました。じつは私、こう見えて1歳半から高校卒業まで水泳一筋の生活を送っていたので、考え方が体育会系というか(笑)。なので、つねに高い向上心を持ってさまざまなチャレンジや経験できる、成長し続けられる環境を求めていました。そんな時に出会ったのがキトーです。採用担当の方からグローバルに活躍する会社であることや、社員のチャレンジを会社が最大限支援する社風があることを伺い、ここでなら自身の視野を広げられるのではと思いました。決め手となったのは、働く人たちの温かさ。説明会、面接、工場見学、すべての場面で対応してくれる方が親切に接してくれて。「ここで働きたい!」まさに一目惚れでした。

人事といっても、
採用担当じゃない人事です。

人事評価や昇格審査といった人事諸制度の企画・運用から給与や賞与・退職金に関する人件費管理、人事システムの更新や新制度の企画・立案、労働法の改正に応じた制度の見直しなど、経営の根幹を支えるポジションを任されています。昨年から新たな評価制度として360度評価(多面評価)を導入。その運用を担当しています。これは管理職を対象に上司・同僚・部下などあらゆる立場の関係者が1人を評価するというもの。これがなかなか難しい。部下は上司を評価しなければならず、上司は部下に指摘される訳ですから無理もありません。ただ課題は山積みですが、そこで諦める私ではありません。この評価制度が浸透すれば、本当の意味での風通しのよさを実現できる。私の頑張りによって、少しでも職場環境がよくなるのなら、社員に笑顔が増えるなら。そう考えると、燃えてきます(笑)。

私の仕事が、
たくさんの社員の笑顔を支えている。

女性にとって結婚や出産後の働き方は気になるポイント。キトーではさまざまな制度で働く女性を応援しています。有給取得率80%で産休・育休制度の取得実績も多数。産休に入ったほぼ全員が出産後に職場復帰を果たしています。今、考えているのは復職後の働き方について。男女関係なく公正に評価はされるものの、まだまだ女性の役職者が少ないのが現状。女性が復職した後もバリバリ活躍できる、キャリアアップを目指せる、そんな環境を用意してあげたいです。それに向けて私も見本になれるよう頑張ります。キトーで働くすべての社員から頼られ、それに全力で応えることで感謝の言葉をいただくことができるこの仕事。私の仕事が社員の笑顔を支え、そんな社員たちの笑顔に、私もまた支えられています。

将来の目標

入社時の想像を超えるような経験をしてきました。現在、入社13年目。未だ発展途上中です。身につけたいスキルや能力もまだまだあります。今後は新しい仲間や若い世代の方、次のキトーのために何ができるのか。経験を最大限活かして制度設計を追求していきたいです。

1日のスケジュール

8:20
出社 メールチェック・返信
10:00
人事システム管理
12:00
昼食
13:00
打合せ
15:00
資料作成・明日の業務準備
17:30
退社
ページの上部へ